青汁-40歳からの栄養摂取や野菜不足に青汁をおススメする理由!


当サイトがおススメする青汁商品を比較しているページはこちら!

青汁-40歳からの栄養摂取や野菜不足に青汁をおススメする理由!


40歳からは絶対青汁を摂ってください!

みなさんは、一日にどれくらいの野菜を食べていますか?

昨日の食事を思いだしてみましょう。どれくらい野菜が入っていましたか?

正直、こうやって振り返ってみるとそれほど多く野菜を摂っていないことが分かりますよね

恐らくは「しっかりと野菜を摂っている」という人のほうが少ないと思います。

厚生労働省は、1日に350g以上の野菜を食べることを勧めていますが、実際に私たちが食べている野菜の量は

286.5g程度

だそうです(※平成24年国民健康栄養調査結果より)。

野菜不足や栄養を補うには、

「青汁」

を活用することをおススメします。
「青汁って本当に野菜不足に効果はあるの?」
「青汁の栄養ってどんな感じ?」
「でも青汁ってマズイんでしょ!」
「野菜嫌いなのに青汁なんて飲めない・・・」
いろいろと疑問なども湧いてくるかと思います。

青汁には豊富な栄養、食物繊維が入っていますし、おいしいものもありますし、野菜嫌いでも摂れる青汁もあります。

ここでは、野菜不足を補い栄養を補給するために、青汁を効果的に活用する方法についてお伝えしていきたいと思います。

青汁に含まれている栄養や成分について

多くの青汁において含まれている素材は

「ケール」「大麦若葉」

になります。

いわゆる「青汁はマズイ」と言われる由縁はこのケールにあるとも言えます。

このケールは苦みがあるのですが、この苦みに豊富な栄養が隠されています。

ミネラル、βカロチン、ビタミンC、食物繊維、葉酸、鉄、葉緑素といった栄養素がバランスよく含まれているので、これさえ摂っておけばほかのものをまったく混ぜる必要がないために、青汁にはメインで含まれているものが多いのです。

ケールには、

大麦若葉よりも栄養の含まれている量が高い

ことが分かっていますので、

栄養補給に青汁を飲むときには、ケール配合のものを選ぶことをおススメします。

また大麦若葉には、

食物繊維がケールよりも豊富に含まれていますので、

便秘ぎみなどで食物繊維を多く摂りたい人は大麦若葉配合の青汁を選ぶことが良いでしょう。

ケールと大麦若葉を比べた時にどちらの栄養価が高いのか調べると以下のようになります。

○ケールの方が豊富に入っている栄養素
ビタミンC、βカロチン、マグネシウム、ビタミンE、ルテイン、総クロロフィル

○大麦若葉の方が豊富に入っている栄養素
鉄、ビタミンB1、B2、食物繊維、葉酸、カリウム

(※ファンケル調べ)

青汁に含まれている栄養素の働きは


青汁に含まれている主な栄養素の働きを見てみましょう。

ビタミンC

ビタミンCは野菜に多く含まれている成分で、美容と健康に大事な成分です。コラーゲン、皮膚、骨、筋肉を丈夫にします。

βカロチン

βカロチンは体のサビである活性酸素を除去する働きがあります。身体全体の老化を防ぐ効果に優れています。

マグネシウム

マグネシウムは、骨の形成に必要なミネラルになります。また高血圧を防いだり、心臓の病気を防ぐ効果にも優れています。

ビタミンE

ビタミンEは、「若返りビタミン」と言われているほどで、老化の原因である活性酸素の増加を抑制する効果に優れています。

ルテイン

ルテインは、野菜に含まれるているアロテノイドという色素で、ブルーライトなど有害な光から目を守る働きや、加齢による目の老化の進行を防ぐ効果があります。

クロロフィル

クロロフィルとは、植物の葉緑素のことで、血液をサラサラにする効果が優れています。動脈硬化や高血圧を予防します。

鉄は、血液の赤血球に含まれているミネラルです。鉄は血を造りますので、貧血予防や疲労回復などに効果があります。

ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えると役割がある成分になります。肥満を防ぎ、ダイエットなど美容効果でも期待されています。

ビタミンB2

ビタミンB2は、細胞を新しい細胞へと成長させる役割があります。新陳代謝によって、古い細胞を体外に排出させる役割があります。

食物繊維

腸内環境をキレイにし、便秘を防ぎ、栄養吸収を高め、免疫力を高めるために必要な栄養素になります。生活習慣病予防にも効果的な栄養素です。

葉酸

葉酸は、ビタミンB群の一種で、細胞分裂やDNAの合成に必要な栄養素になります。動脈硬化を予防し、赤血球を作ります。

カリウム

高血圧の原因となる塩分を体外に排出する働きがあります。高血圧を防ぎ、心疾患、脳兼管疾患などを予防します。