血液検査データの活用方法!血液検査により健康を維持する方法!

血液検査データの活用方法!血液検査により効果的に健康を維持する方法とは!

血液検査データをみなさんどのように活用しておられますか?

会社の健康診断などで必ず受けることになる「血液検査」。
献血をして、血液検査のデータを見るという人もおられるかもしれません。

その数値を見て・・・
「コレステロール値が高いな・・・」
「中性脂肪には気を付けていかないと・・・」
と健康を気にするきっかけとる人も多いでしょう。

でもなかなかその数値がどのような影響を及ぼすのかということはなかなかわかりませんよね。

私自身も健康診断を年に一度は受けますから、その時に数値をさっと見るだけで終わってしまっています。

でも場合によっては、何か重大な病気がそこに隠れていることがあるかもしれません。この血液検査の活用方法についてお伝えしていきたいと思います。


必ず血液検査のデータは残しておくようにする


血液検査のデータを確認した後は、みなさんどうしておられますか?

会社などでそのデータを渡されたら、
「いや~そろそろ俺もメタボだよ!」
「今回はどれも正常値だったよ!」
なんて笑ってネタにするのはいいでしょう。

その後、自宅に持って帰ってポイッ!
いやちょっと待ってください。

まずは、検査データについてお話をしたいと思います。

血液検査のデータについては、自分自身の数値データと、正常値がどれくらいかは記載されていると思います。その正常値と比較して、自分自身がどうであるかを確認していけば良いと思います。

その中でコレステロール値が高いとか、中性脂肪値が高いとかいうことであれば、「要精査」なんて記載され、病院への受診を促されるようなことがあるかもしれません。

正常値よりも大幅に差があるような場合は、すぐに病院の受診が必要な場合があるかもしれません。例えば血糖値が正常値よりもはるかに高いとか、血圧が正常値よりも高いなどでは、何かしら疾患が隠れてている可能性があります。
正常値よりも少ししか離れていない場合はどうですか。
前回の数値よりも少し数値データが悪くなっている場合はどうですか。
血液検査データの活用で大事なのはここですね。
血液検査データにもよりますが、前回のデータとの比較が記載されているものもあります。

大事なのは、自分自身の血液検査データがどのように変化しているのかを見ることが実は一番大事になります。

血液検査のデータは、正常値から外れているとしても、すぐに病気だと単純に考える必要はありません。しかし正常値であっても、
過去のデータと比べてどんどん数値が変わってきているものがあれば、それは要注意である
と言えます。

正常値というものはやはり個人差があります。

記載されている正常値であっても、自分自身にとっては高かったり低かったりということもあるかもしれません。

正常値より外れているとしても、どんどん正常値に近づいているのであれば、日頃の心がけが活きているのかもしれませんし、正常値であったとしても、どんどん正常値から外れていこうとしているのであれば、今後気を付けなければならないポイントとなるかもしれません。

いすれにしても、過去の数年と比べることができるのであれば、何かしら対処することが可能になります。ですので、ぜひとも過去の血液検査のデータは保管しておいて頂きたいと思います。


自宅でできる血液検査キットをご紹介します


血液検査をしたいけれども、
病院に行くにはちょっと・・・
という人もおられるかもしれません。

市町村の保健センターなどで無料で検査をしてもらえるところも多くありますが、なかなかそのような場所にいって検査を受けるのは気が引ける方もおられるでしょう。

恥ずかしかったり、人に見られるのが嫌な場合もあるかもしれません。
自分自身での秘密にしておきたいような場合もあるかもしれません。

そんな時には、家庭でできる血液検査キットがあります。
この血液検査キットではさまざまな検査を自宅で自身で行う事ができます。

生活習慣病・糖尿病・メタボリック症候群・がん・B型肝炎・C型肝炎・ピロリ菌・HIV(エイズ)などさまざまです。自分自身の用途に応じてキットを選べばいいだけです。

検査は血液を1滴だけを検査キットに吸い取るだけ。手軽で簡単です。

こちらにさまざまな検査キットがありますので、ぜひご覧いただければと思います。

自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に。
だれでも簡単にできる高精度に血液検査キットです。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら