トクホってメリットある?トクホの日(10月9日)に徹底検証!

トクホってメリットあるの?トクホの日(10月9日)だからこそ徹底検証してみた!

スポンサーサイト

トクホってなに?トクホの効果を徹底検証!



本日、10月9日はトクホの日として、トクホの日推進委員会が制定した日だそうです。わたしが自宅で行動している新聞にも大きく維持として載っていました。みなさんご存知でしたか?

さてトクホとは「特定保健用食品」のこと。
最近、コンビニなどでも多く見かけるようになりましたね。
なんか健康に良さそうなので、購入して飲んでみた、食べてみたなんて人も多いと思います。

トクホ飲料などのキャッチフレーズを見てみると、
「体脂肪が気になる人へ」
「中性脂肪が多い人へ」
「食後の血糖値が気になる人へ」
などが書いてあります。

でも、飲んでみても、そんな1本や2本飲んだからといって効果があるわけではないのはわかります。でも、飲み続けることで本当に効果はあるのでしょうか。

このようなトクホはわたしのような40代後半で、会社の健康診断などにおいて、コレステロール値、中性脂肪値、血糖値などが多いと言われたサラリーマンの人が飲み続けている方は少なくないと思います。

普通のお茶などをコンビニで買うよりは多少割高になりますが、
「それで健康になったり、お腹が引っ込むなら・・・」
と、なけなしのお小遣いを投入している人もおられることでしょう。

ここでは
そもそもトクホとはなにか
本当に効果が期待できる成分が入っているのか
本当に科学的に効果が認められるものなのか
など私自身も気になっているので、調べてみました。




トクホコーラに多く含まれている「難消化性デキストリン」とは?

スポンサーサイト


最近、「難消化性デキスリン」という成分を耳にした事がある方は少なくないと思います。この成分は、「トクホコーラ」に含まれている成分で、何物かというと「でんぷん」の仲間です。

難消化性デキストリンとは、「難消化性」つまり消化しにくいということなのですが、トウモロコシのでんぷんから抽出して調製した食物繊維のことを指すのです。

この難消化性デキストリンは、体内でこんな働きがあると言われています。
  • 糖の吸収を抑制する
  • 腸内環境を整える
  • 脂肪の吸収を抑制する
  • 内蔵脂肪を減らす
  • ミネラルの吸収を促進する
この効果や作用については、実際に根拠の論文があって、実際にこの難消化性デキストリンを摂取した人と摂取しなかった人の排便を調べ、その脂質量を比較しているのです。

その結果、難消化性デキストリンを摂取した人の排便には、摂取しなかった人の排便よりも多く脂質が排せつされていることが分かっています。

トクホコーラはこの実験結果を根拠に、トクホとして発売をされているのです。

もちろんそのほかの商品においても、この難消化性デキストリンの効果はきちんと臨床実験により証明されている事実である事がわかります。

また安全性においても、人に対する臨床実験では、血圧の変化など特に異常はなく、また血液検査での数値を見ても、必要なたんぱく質やカルシウム、ミネラルなどの濃度にも変化がなかったとされています。

ですので、
難消化性デキストリンを含んだトクホは、効果があって、かつ安全である
という研究結果がでているという事になり、「難消化性デキストリン」を含んだトクホコーラを始め、さまざまな商品は効果があるということが言えると思います。


そのほかのトクホ成分の効果はどう?

スポンサーサイト


そのほかのトクホ成分がどのようなものがあるか調べてみました。
  • ケルセチン配糖体(体脂肪を減らすのを助ける)
  • 烏龍茶重合ポリフェノールOTPP(カラダに脂肪がつきにくい)
  • 茶カテキン(脂肪を代謝する力を高める)
  • クロロゲン酸類(エネルギーとして脂肪を消費しやすくなる)
これらは、トクホの緑茶やウーロン茶、コーヒーに含まれている成分です。大手の商品に含まれている成分ですので、すでに飲んでいる人や、これから飲み始めようとしている人もたくさんおられるでしょう。

これらについても、きちんとした臨床データは存在します。人に対する臨床実験でのデータですので、信用するに値するものであると思いますし、継続して飲み続けている事で効果はあると言えるでしょう。




トクホの弱点を見つけました!

スポンサーサイト


さて、ざっくりですが、トクホの効果があるということはおわかり頂けたのではないかと思います。

じゃあ、安心。飲み続けていこう!

ちょっと待ってください。トクホの弱点も見つけましたので、お伝えしておきます。これを把握した上で、飲まれる方がよろしいかと思います。



トクホに含まれている関与成分が少ない!

これ、どのトクホ飲料にも言える事なのですが、トクホ関与成分と言われる先ほど紹介した難消化性デキストリンなどの成分の配合が少ないのです。

臨床実験では、確かにその効果は認められているものの、実験に用いた量を、その飲料1本に含まれている量ではないというものを多く見られました。

トクホの成分に効果があるのはうそではありません。

しかし、その効果は小さい!

と言う事ができるでしょう。

そのため、例えば今日は焼き肉を食べたから、トクホのお茶を飲んで大丈夫!ということは言えなくはないですが、大丈夫と言いきれるかといえば、それほどの効果はないとも言えると思います。

普通の飲料と比べれば、多少、脂肪分の排出は多くなるでしょう

というレベルのものであると理解しておく必要があります。
ですので、もしも効果を本当に期待するのであれば、

トクホ関与成分が多く含まれている商品

を選ぶ必要があります。




どのような商品を選ぶべきなのかそのポイントとは


トクホはそもそも効果があるものですので、
「トクホ関与成分が豊富に配合されているもの」
「販売実績があるもの」
を選ぶことがよいと思います。

ここでおススメできるのは、

サンスターが10年をかけた臨床研究の末に発売されたトクホである。
をおススメします。

特定保健関与成分は天然アミノ酸(SMCS)で、野菜100%から抽出しており、臨床試験3週間でLDL(悪玉)コレステロール値が改善する効果が分かっています。

しかもほかのトクホと違う点は、
「緑でサラナを用いて臨床試験を行っている」
という点。

この臨床データでは、緑でサラナを飲み続けて3週間後にはコレステロール値が改善している事が分かっており、これを根拠としてトクホ飲料として発売されているのです。

さらに野菜8種類、りんご、レモンが配合されているために、野菜不足や栄養の偏りを補う事ができます。

発売からわずか6年で1億本も売りあげた
という実績もありますし、おススメできる商品です。
Amazon(アマゾン)・楽天では、30缶6,000円(税込)
緑でサラナ公式サイトでは、30缶5,400円(税込)
で販売されています。

もちろん送料無料、健康読本までもらえます。
定期購入ではありませんので、安心してお買い求めください。

こちらのバナーをクリックしてもらえれば、公式サイトでご購入手続きを行う事ができます。



トクホ関与成分を直接配合してしまうという荒業

例えば、先ほどのトクホコーラに含まれている、難消化性デキストリンであれば、楽天でそのまま販売されています。
これだと、2kgが3240円ですので、1gあたり1.62円となります。

トクホコーラでは1本5gの難消化性デキストリンが含まれていますが、人への臨床実験データでは15gでの実験でしたので、
お茶や普段の飲み物に15gの難消化性デキストリンを溶かせて飲むのでしたら、1回24.3円の負担
となるわけです。

これは、どんな飲み物や料理にでも入れることができるので便利です。

小さじがだいたい1杯5gですから、
一日小さじ2杯10g摂ろうとか、1日3杯15g摂ろうとか調整することができる
のです。

しっかりとトクホ成分を試したいという人にはおススメの方法です。