老眼だと思ったら我慢せず老眼鏡の準備を!そのリアルな理由!

老眼だと思ったら我慢せず老眼鏡の準備を!そのリアルな理由と40才からの目をいたわる大切さ

スポンサーサイト
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2889386208455496"
data-ad-slot="3075722428">


老眼は我慢などしない方が良い!その理由とは?

もともと目が良かった人であっても、ある日
「あれっ、ピントが合いづらい・・・」
と何となく老眼を自覚するようになります。

しかし小さい頃から視力の良かった人の中には、なかなか眼鏡をかけるのに抵抗感があるからなのか、頑張って裸眼で見続けようとする人がおられます。

結果的にいうと、これはさらに目を疲れさせてしまう原因となってしまいます。
絶対にやめたほうがいいのです。

これはやはり悪く言いますと悪あがきというものでして、眼鏡をかけて楽に見える方が目の健康にとっては良いに決まっているのです。

特に人は目から情報が入ってくるのが80%であると言われていますし、見えなくなると目からの情報を遮断しようとします。そうなると脳の衰えが著しくでてきますし、
将来的に認知症
、なんてことも考えられるのです。

老眼はすべて「老眼鏡」で克服できる問題です。
無理せず、すぐに眼鏡を買いに行きましょう!


人間は生まれた瞬間から目が衰え始めている!

スポンサーサイト
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2889386208455496"
data-ad-slot="3075722428">


20代からの仮性老眼「スマホ老眼」のリアル!サプリで対策を!」の記事の中でもお伝えしましたが、老眼にならない人は基本的にはおられません。人によっては、老眼が早く来た、遅く来たという違いはありますが、老眼は遅かれ早かれ来るものであるのは間違いないのです。

人は生まれた瞬間から目の衰えは始っています。出生時から直線的に衰えていくのですからびっくりです。

そしてその衰えの中である日「あれっ」と自覚を伴う時がきます。これが「老眼」の始まりですが、単純に自覚したかどうかというだけのことなのです。

ですので、30代後半で老眼を自覚した人が早く悪くなったとか、50代になっても老眼を自覚しない人は悪くなっていないというものではありません。また遺伝だからというものでもないのです。あくまで自覚する時期だけの問題で必ず老眼はやってくるのです。


40才になれば目をいたわる!眼科受診もしてみよう!

スポンサーサイト
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2889386208455496"
data-ad-slot="3075722428">


40才が過ぎて、目の調子がよくない事に気がつき始めたら、眼科での定期検診が必要だと言われています。

ただ病気でもないのに行きづらい、本当に医者は診てくれるの?
そう思わなくもないでしょう。
保険が利かないんじゃ・・・
その意見、無理もありません。

しかしここに日本の医療のすごさがあって、
眼精疲労であっても、きちんとした病名として診てくれるのです。

「目がよく疲れるようになったな・・・目薬買いに行こう!」
いや、それも良いと思うのですが、一度眼科に行ってみましょう。

緑内障などの病気がひょっとして見つかるかもしれませんよ。



ちなみに目の疲れには「ルテイン」「アントシアニン」という成分が良いらしいですよ。
こちらのページで詳しくご紹介しています。

目の疲れにアントシアニン・ルテインサプリをおススメの理由!