乳酸菌ec-12が新型乳酸菌と呼ばれる優れた効果とは!

乳酸菌ec-12が新型乳酸菌と呼ばれる優れた効果とは!


乳酸菌ec-12の優れた効果とは

最近、乳酸菌を含まれているヨーグルトがさまざま発売されていますが、乳酸菌の種類をたくさん見かけると思います。

その中でも特に目立っているのが、ec-12と呼ばれる乳酸菌です。

この乳酸菌はエンテロコッカス・フェカリス菌といい、フェカリス菌と呼ばれることも多いですから、この名称でご存じの方も多いと思います。

フェカリス菌と呼ばれる代表的な乳酸菌には他にもFK-23、EF-2001などがあり細かく分類されています。

加熱殺菌済みのec-12は、人や豚、マウスなどを対象にした臨床研究においてさまざまな効果が確認されています。
・腸内環境の改善
・免疫力の改善
・アレルギー症状の緩和
・花粉症の予防や改善
・アトピー性皮膚炎の予防や改善
・内臓脂肪を減らす
・インフルエンザの予防や改善

ほかの乳酸菌とは違うec-12の優れた特徴とは


乳酸菌の中でもとても小さいことが特徴的で、
・腸の奥の隅々まで届いていく
・一度にたくさんの量を摂ることができる
という点で優れていると言えるでしょう。

ほかの種類の乳酸菌を使った商品はさまざまありますが、1日分でせいぜい接種できるのは10億から1000億程度の乳酸菌量です。しかしこのec-12であれば一度に数兆ほどの量を接種することもできるのです。

乳酸菌量が多いほど、それが腸に届いた時に善玉菌のエサとなり、ほかの乳酸菌よりも善玉菌の増加や活性化を促すことに繋がるわけです。

小さくてたくさんの量を摂取することができ、さらに臨床研究で明らかになっている効果も優れていることから、さまざまな商品に利用されるようになっています。

ec-12は死んでいる?死菌でも本当に効果があるのか


もうひとつ特徴的であるのが、死んでいる菌であるということです。

よく乳酸菌は「生きたまま腸に届く」ことが大事であると言われていますが、このec-12は加熱殺菌されていますので死菌なのです。

そもそも乳酸菌は生きたまま腸に届かなくても効果があるのかと思う方もおられると思いますが、最近の臨床研究では死菌であっても腸に届けることで善玉菌のエサとなるために、乳酸菌量を多く届けることが大事であると言われています。

このec-12はとても小さい菌で1日にたくさんの乳酸菌量を摂ることができますので、善玉菌を活性化させるにはとても有効であると言えるのです。

死菌であってもたいへん優れた効果がある乳酸菌であるとして、「新型乳酸菌」とも言われています。

オススメのec-12配合の商品は「やわたの本青汁」


このサイトでec-12を配合しているオススメの商品は、やわたの本青汁です。

このやわた本青汁は、青汁として大麦若葉をベースとした豊富な栄養や食物繊維が摂れるという特徴に加えて、乳酸菌ec-12を同時に摂ることができるという優れものです。

特に野菜不足や栄養の偏りなど気にされている方でしたら、青汁と乳酸菌を同時に摂ることができるので、とてもオススメできる商品です。

このやわた本青汁では、ビタミンやミネラルなど豊富な栄養を摂ることができ、またヨーグルト13個分の乳酸菌が1杯で摂ることができます。

ぜひともみなさんに続けていただきたい商品になります。

くわしくはこちらの記事をご覧いただきたいと思います。いますぐ「やわたの本青汁」を購入したい方はこちらをクリックしてください。