ビフィズス菌と乳酸菌の役割の違いを知ることで腸内環境に良い影響が!

ビフィズス菌と乳酸菌の役割の違いを知ることで腸内環境に良い影響が!


ビフィズス菌と乳酸菌の役割の違いとは

乳酸菌もビフィズス菌もお腹に良いものという認識はあると思いますが、それほどその違いについては詳しく分からないですよね。

乳酸菌としてビフィズス菌も含んで紹介されているような記事なども見かけるのですが、どちらも腸内に住む善玉菌であるということで同じように紹介されることが多いのです。

乳酸菌は、ブドウ糖を分解して乳酸を作りだす細菌を言い、

ビフィズス菌は、ブドウ糖を分解して乳酸、酢酸、ビタミンB群、葉酸を作りだす細菌言います。

この役割の違いで「乳酸菌」「ビフィズス菌」と分けられているのですが、どちらも善玉菌で、私たちの腸をキレイにする働きがある細菌なのです。

ビフィズス菌は同じ乳酸菌の仲間として考えられてきたのですが、役割に違いがありますので、最近では区別して語られるようになっています。

ビフィズス菌は赤ちゃんの腸内細菌の99%?!


ビフィズス菌は最初赤ちゃんの便から発見されました。

赤ちゃんはお母さんのお腹にいる時には無菌状態で育っていくのですが、出産の際にお母さんの産道を通過する際に、お母さんの持っている細菌の影響を受け、新生児として生まれます。

私たちの腸内細菌はお母さんの細菌がベースとなっているのです。

生まれて1週間ほどすると、腸内の99%の細菌はビフィズス菌であることが分かっています。

赤ちゃんの便って少し酸味の効いたニオイがしますよね。あれは腸内環境がとても良い酸性になっているからなのですよ。

その後育っていく中で赤ちゃんは、いろんなものを口に含みますよね。それで実はいろいろな細菌を腸内に獲得しているのです。

赤ちゃんは本能でこれを行っているのですね。これってすごくないですか!

ビフィズス菌には腸を酸性にする大事な役割が


ビフィズス菌は、ブドウ糖を分解して乳酸、酢酸、ビタミンB群、葉酸を作りだします。

この中で酢酸は、腸内環境を酸性にする強い力を持っていることが分かっています。

腸内環境が一番いい状態というは酸性であることです。

赤ちゃんの時には酸性の腸内環境であったのが、食生活などによりだんだんアルカリ性が強くなってくきます。

肉など脂物が多い食事が多かったり、野菜を摂ることが少なくなったりすることで、だんだんアルカリ性の腸へと変化してしまうのです。

腸内がアルカリ性になると、私たちの腸内に悪影響を及ぼす悪玉菌が住みやすい環境になってしまうのです。

ビフィズス菌の大事な役割は、酢酸を作りだし、腸内を酸性にしていくこと。

酸性になると悪玉菌が住みにくい環境へと変化し、腸内がキレイになり、善玉菌が活発になり免疫細胞も元気になるのです。

腸内が酸性になることでの健康への効果は、便秘の改善、免疫力の向上、アレルギー症状の緩和、感染症予防、コレステロール値の低減などが挙げられます。

ビフィズス菌をどのようにして増やしていけばいいのか


ビフィズス菌をどんどん摂っていくことで、腸内が酸性へと変化していき、健康への効果が期待できることが分かりました。

食生活の中でビフィズス菌をどんどん摂っていくことが良いでしょう。

しかしビフィズス菌を含んでいる食品はとても少ないことが知られています。

イメージとしては、ヨーグルトやチーズ、漬物、みそなどから摂取できるものと思いがちですが、厳密に言うとこれらに含まれているものは乳酸菌であって、ビフィズス菌ではありません。

一部のヨーグルトや乳飲料ではビフィズス菌を含んだものがありますが、乳酸菌のように自然発酵させてビフィズス菌を増やすことができないことが理由なのです。

食物繊維やオリゴ糖を多く摂る


第一に食品でこのビフィズス菌を増やすために意識しなければならないことは、食物繊維やオリゴ糖を多く摂るということにあります。

私たちの腸内にいるビフィズス菌を活性化させ、増やしていくために必要なのです。

食物繊維やオリゴ糖はビフィズス菌のエサになりますから、しっかりと摂るようにしましょう。

ビフィズス菌を含んでいる食品を多く摂る


第二に言えることはビフィズス菌を含んでいるものをしっかりと摂るという事です。

ビフィズス菌を含んだヨーグルトや乳飲料が一番手軽な方法です。

「森永ビヒダス プレーンヨーグルト」にはビフィズス菌BB536が含まれています。

「雪印ナチュレ恵プレーンヨーグルト」にもビフィズス菌SP株が含まれています。

ほかにもさまざまなものがコンビニで手軽に購入できますから自分に合ったものを購入すれば良いと思います。

ビフィズス菌を摂るにはサプリメントが効果的


またサプリメントから摂るという方法もあります。

ヨーグルトは手軽に購入できますが、ヨーグルトが嫌いな人やいちいち買いに行くことが手間だと感じる人にとっては、サプリメントが有効です。

サプリメントの利点は、手軽に摂ることができ、ヨーグルトよりもはるかに多くのビフィズス菌量を摂ることができます。

腸内を活性化させるにはある程度の菌量が必要になりますから、ヨーグルトをどんどん食べるのは現実的ではありません。

その点サプリメントなら手軽に多くのビフィズス菌を摂ることができます。

このサイトでは乳酸菌と共にビフィズス菌をたくさん含んだサプリメントも紹介していますのでぜひご覧ください。