乳酸菌は、本当に腸内フローラに効果があるのか、本当はこうだった!

乳酸菌は、本当に腸内フローラに効果があるのか、本当はこうだった!


最新の研究でわかった本当の乳酸菌の効果!

最近よく「腸内フローラ」って言葉を聞きますよね。

腸内フローラで健康になろう

腸内環境を整えて腸内フローラを活性化しよう

そんな記事など見たことがある人もおられるのではないでしょうか。

腸内フローラとは、

腸内にいる細菌の集団

のことを言います。

腸内にいる細菌は、腸全体で3万種類1000兆個、消化管全体で100兆個、私たちの便には1000億個もの細菌が存在していると言われています。

この細菌が私たちの健康にはとても大事であることがわかって来ています。

腸内をフローラ(お花畑)に見立てて、どのようなお花を咲かせていくか、ようするにどのような腸の環境にしていくかがとても大事であるということをいっているのですね。

腸内の環境を整え、良い細菌にとって住みやすい環境にすることが私たちが健康に生活することができることと密接に関係があることがわかっています。

少し言い換えますと、私たちの生活を改めることで、腸内環境を整えて、キレイにすることもできるのです。

これが腸内フローラの言葉の意味になります。

まだまだこの腸内細菌の実態についてはわかっていないことも多いのですが、私たちの腸内の環境を整えることが、身体だけではなく、心の状態までも影響を与えることが分かっています。

現在分かっている効果的に乳酸菌を摂っていく方法とは


私たちの腸内には200種類100兆個の細菌が存在しています。腸内細菌の種類は全体で3万種類ほど存在すると言われています。

私たちの腸内の細菌の中で、どの細菌が自分にとって良い影響を与えてくれる細菌なのかは、正直わかりません。

乳酸菌ヨーグルトを毎日摂って、便秘が改善したという人もいれば、便秘が改善しなかったという人が現れるというのは、その乳酸菌が自分自身の持っている細菌に良い影響を与える乳酸菌であるかどうかということなのです。

乳酸菌の便秘への効果はおおむね2週間~1か月で効果が現れると言われています。
2週間~1か月試してみて効果がなければ、この乳酸菌は自分の腸内細菌にとって良い影響を与えてくれない乳酸菌で、効果が出始めるのならば、そのまま続けていくことが良いと言えます。
「生きたまま腸に届く」とはいえ、その乳酸菌がそのまま良い影響を与えてくれるかといえば、その人の腸内フローラによって決まるものであると言えるのです。

ですので、いろいろな種類の乳酸菌を試してみて、自分にあった種類のものを試していくことが、腸内フローラを活性化させるためには、大事な考え方なのです。

乳酸菌の種類や量が人によって違いがあるのはなぜ?


私たち人間は、1才で腸内フローラが決まってしまうと言われています。

お腹に赤ちゃんがいる間は、無菌状態で育っているのですが、生まれてくるときには、産道を通る時にお母さんの腸内細菌を受け継いで腸内フローラのベースを築き上げることがわかっています。

また生まれてから1才くらいまでは、口に入れるものから腸内細菌を獲得していくのです。

最近は特に赤ちゃんの触れるものや、口に入れるものがキレイな無菌のものが良いと言われたりしますが、実は無菌状態すぎるというのも将来的な腸内フローラのことを考えると、無菌過ぎるのも良くないと言われています。

この腸内フローラは、単に便秘の原因となるだけではなく、私たちが病気にかかりにくくなったり、かかりやすくなったりという免疫力に対する影響を与えることがわかっています。

さらに認知症や美肌に対する影響までも与えていることがわかっています。

1才くらいで腸内フローラは決定してしまうのですが、その腸内フローラを活性化させることは、乳酸菌を摂ることで可能であることもわかっています。

「乳酸菌は効果がない」
という意見もネットなどで見つけることができますが、これは最近の研究結果からは間違った意見ということが分かっています。

「自分にあった乳酸菌を探すこと」
が最も大事であることが分かっているのです。